スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』を読みました 
たぶん、今年私が読んだ数少ないビジネス書のなかで

いちばんおもしろかった本です。


グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれたグーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた
(2010/11/22)
辻野晃一郎

商品詳細を見る





正直、グーグルに入ったあとの話はぱっとしないんですが

ソニー時代の戦いがおもしろい!



大企業ならではの足のひっぱりあい、調整、マネジメントなどなどのいろんなストレスがある中で

商品の戦略をダイナミックに描いてがむしゃらに実行していった

著者のセンス、実行力、人望がリアルに伝わってきます。

そして、そんな著者でも嫌になったくらい

「センスのない人」の固まりになってしまったソニーの実態も・・・。



大企業の中で働いている人、自分とセンスが違う人と仕事するのってツライなってなんとなく思っている人、

マーケティングに憧れている人、にとってはめちゃくちゃ面白いノンフィクションだと思いました。



逆に、中小企業でバリバリ第一線で物事を動かしている人にとっては

「つまんないことで悩まされるんだなー」って感じだと思う。





グーグルに入ったあとの、「ネットの向こう側」「クラウド」あたりのくだりは

なんかちょっといけてない感じがしましたが・・・・・





きっと熱い気持ちと冷静さを兼ね備えているのであろう著者から

いろんなことを学べる本。




スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://yasuichisato.blog63.fc2.com/tb.php/173-b3e9efda

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。