スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語の絵本3冊 
妊娠5ヶ月になり、お腹の中の赤ちゃんも音が聞こえるようなので

そろそろ、読み聞かせをやらないとなーと思います。


「はらぺこあおむし」の英語版を買っておこうかなと思って

Amazonでポチりました。


The Very Hungry CaterpillarThe Very Hungry Caterpillar
(1986/03/06)
Eric Carle

商品詳細を見る





そしたらAmazonのレコメンドでよさそうな絵本がいくつかあって、

他に2冊ポチってしまいました。



A Color of His OwnA Color of His Own
(1997/09/30)
Leo Lionni

商品詳細を見る




これは、色の勉強をしやすそうだなぁと思って。




FrederickFrederick
(1973/04/12)
Leo Lionni

商品詳細を見る





こっちはフレデリックが好きなので・・・(ぬいぐるみが家にある)



スポンサーサイト
rarejob 
そういえば一回もレアジョブについて書いてなかったので書いておきます。

2010年の9月からやってます。

大型の旅行のときとか、何度か休会したこともあったし

だるいなーって日はサボってますが、

1年以上継続できてます。


最初の1年弱は、一番安い、毎日25分プランをやってました。

そのころの英語力はTOEIC720くらいだったので全然しゃべれず

自己紹介して、相手のプロフィール質問したりしてなんとなく25分終わる感じでした。

2011年の9月にアメリカに行って、

「なんか留学するより、毎日rarejobで長時間英語しゃべってるほうがいいな」と感じて

毎日50分プランにグレードアップしました。


アメリカ滞在は2週間で、もちろん日常会話は英語だし、

バスとか電車の案内やアナウンスも英語、映画もレストランも英語なので

英語漬けになるのはなるんだけど、

「こういう言い方どういうの?」と質問しながら英語の語彙を増やしていったり、

自分が使える表現をたくさん毎日使うほうが、

効率よりしゃべれるようになるなーと思って、

留学の時間がrarejobより密度が薄いんじゃねーかという気分になったので

rarejobに注力することにしたです。


いや、映画館のチケットの頼み方とか、生活してないと使わないことたくさんあるので

そういうのを知るためには現地にいったほうがいいかもしれんけど、

それもググれば出てくるわけで、表現知って練習するんだったら日本でがんばるほうがよくないかと思った。

(自分がケチだからかも)



50分プランにしてからはずっとarticle discussionをやってます。

記事を読んでボキャブラリーを増やしつつ、

感想などを言うってやつ。


雑談だとやっぱりボキャブラリー増えないし、

言いたいこと偏っちゃうのでこういうののほうがいまはいいかなーと思って。


あとは、子ども用の歌を教えてもらったり、ドラマのおもしろいのを教えてもらったり

セレブの名前を教えてもらったりすることもあります。


海外のTV番組、youtubeで探せばでてくると思うんだけど

番組名ってわかんないんだよね・・・・



GABAも行ってるけど、rarejobのほうがいっぱいしゃべれて安いし、

rarejobだけでも十分じゃないかなーと思う。


フィリピンなまりもさほど気にならないのでオススメです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。